12月 2006

Monthly Archive

709SCと705SCの違い

31 12月 2006 | : 709SC

709SCですが、705SCとほぼ同一です。外見も中身も。 ごくわずかですが、変化がありますので書いておきます。

1、プリセットの画像が少し減った。サッカー選手の写真が3枚。

2、外部接続で接続設定がなくなった。説明書からもブラウザ設定の項目が消えた。

3、クリアキーがやや盛り上がった。5キーの小突起が705SCよりはっきりした。 (個体差かもしれません)

4、出荷時保護フィルムの形が変わって、通話部分が切り抜かれている。

5、添付のPC STUDIOがver3.0.1 FK4へ。

これ以外は変化を見つけられません。悪い仕様もメニュー全てそのままです。 ちなみに、709scはケータイリンクで電話帳のバックアップも可能です。

708SCがFCC通過

30 12月 2006 | : 708SC

708sc背面画像

ソフトバンクモバイル708SCは、超薄型ストレート携帯電話でした。

なぜか欠番だった708SCがやっと公表されました。
どこの認証機関からも情報がなく、欠番かなと思っていましたが、無事FCCを通過し、FCCよりPDF文書が公開されました。 ちなみにWAPのUA、Bluetooth認証、国内の認証などにはまだ情報が載っていません。

中身を見ると、ストレート携帯電話です。背面の画像が公開されていますが、GZ370という文字が見えます。

708scのGZ370ロゴ

どうやらSGH-Z370をもとにしたモデルのようですね。

厚みが8.4mmと薄いのにキーも押しやすそうで、良い携帯電話と思いますが、気になるのは画面です。

SGH-Z370では画面が横長で解像度が、QVGA以下です。 日本では携帯電話向けサービス(アプリや待ちうけなど)の多くがQVGA以上を基本に考えていると思いますのでこの解像度のまま出してくると、使えるサービスがかなり限られてしまいますね。
本当にそのまま発売するのかな?大丈夫なのかな。

z370.jpg
Z370についてはこちら


以下、たわごとです。

なんで709SCのほうが先に発表になったかですが、708SCはFOMA 703iシリーズに対抗するための製品なんじゃないでしょうか。D703i、N703iμ、P703iμあたりは薄そうですので。

708SCをいつでも発表できる状態にしておくと、DoCoMoが11mmや9.9mmの携帯電話を発表しても、国内最薄って言いにくくなるでしょう。 実際には発売・発表しなくても抑止力になるのでは。

ということで、孫さんの事ですしFOMA 703iシリーズに発表日を合わせてきそうな予感。


以下過去に書いたことの訂正

バックライトの設定がおかしい件 ⇒携帯電話を開いた状態ではきっちり作動します。閉じた状態は設定できない仕様のようです。

705SCのカメラでフレームおかしい ⇒ケータイベストの記事を鵜呑みにしてそのまま書きましたが、実際はフレーム設定ができました。

709SCが店頭発売開始

29 12月 2006 | : 709SC

709SCが店頭でも発売開始されました。 色は、パープルとシルバーです。

HADPA以外はほぼ705SCと同一と考えてよさそうです。

ということで、普通に使う分には705SCで十分と思います。705SCをもってらっしゃる方なら、内部ソフトウエアがほとんど変わってないのでわざわざ買い換える必要はないと思います。 ただ、ネットの速度が若干速くなるだけですから。

SoftBank 709SCの発売色2色


といいつつ、709SCはものすごく気になっています。

まず、HSDPAになったことで通信がより安定したかどうか。
HSDPAでは電波の状態に応じて、最適の変調方式に切り替えられます。これによって、今までの3G形式より、通信が途切れにくく安定するのではと思っています。実際willcomのOAM対応カードでは以前のものより通信が安定しているように思います。

さらに、705SCと709SCに細かい違いがあるのかどうか。

形状が全く一緒なら、外見705SC、中身709SCってのも作れるのかな?

このあたりが気になるので、年内には709SCを買う予定です。買ったらまた色々書きますね。


以下709SCのプレスリリースのコピーです。

「SoftBank 709SC」は、下り最大1.8Mbps(ベストエフォート方式)の高速インターネット通信が可能で、「着うたフル」や動画ファイルなどの各種コンテンツのダウンロードも快適に行えます。

また、スライドタイプの携帯電話機としては薄型の約12.9mmを実現し、バッグやポケットに入れてもかさばらず、持ち運びにも便利です。

「SoftBank 709SC」の主な特長は、以下のとおりです。
● 高速データ通信サービス「3Gハイスピード」対応
● 薄さ約12.9mmの薄型スライド式ケータイ。スリムでありながら2メガピクセルカメラを搭載
● ワイヤレスで音楽も楽しめる、Bluetooth通信に対応
● 海外出張や旅行時などに便利、英和・和英対応の辞書機能や、英語・中国語・韓国語の例文翻訳・読み上げ機能搭載

709SCがWEBで発売開始

27 12月 2006 | : 709SC

HSDPA対応スライド携帯電話の709SCがSoftBankオンライショップで発売開始になりました。

SoftBank オンラインショップ

ただ、現在オンラインショップで頼むと、年末年始のため1月5日ごろにならないと届かないようです。 なので、店頭で買う方が早く手に入りそうです。

709SC用のPC連携ソフトが公開

25 12月 2006 | : 709SC

携帯電話自体は、発売されていませんが、709SC用のPCStudioがこっそり公開されています。

バージョンは、3.0 FJ3ってことで705SCに添付されているものと同じようです。
試しに私のPCにインストールして、定義ファイルを覗いてみましたが、709SCって文字はありません。

ということで709SCでのPC Studioの動作は以下のどれかになるんでしょう。

1、動かない
2、705SCとして認識される
3、製品に添付されるのは違うバージョン

のどれか。たぶん、2になると思いますが、PC Studio自体は「試供品」としてついてくるソフトなので、万が一動かなくてもソフトバンクやSamsungが対応しない可能性も絶対ないとは言えないかも。

試供品なのでサポートしなくても構わないわけですし。

709SC用PC Studioのdownload

今年は200万画素。来年は300万画素。

22 12月 2006 | : Samsung

2007年の春?夏ごろには、Samsungの超薄型携帯電話では300万画素が主流になりそうです。

705SC/706SC/707SC/709SCでは、200万画素カメラが使われていました。12月21日のサムスンのプレスリリースによると、このカメラと同じサイズで300万画素の携帯電話向けカメラモジュールをもうすぐ生産開始するようです。

主要な1文だけ引用すると、

By utilizing 90-nanometer (nm) process technology, Samsung expects to mass produce the new 1.75um pixel, 1/4-inch lens aperture 3-Mp CIS in the first quarter of 2007.

90nmプロセスを使うことで、2007年の第一四半期には1ピクセルのサイズが1.75umの1/4インチ300万画素CISの大量生産を開始できるようです。

これによって、現在のスリム携帯で使われている1/4インチ200万画素CMOSセンサーは1/4インチ300万画素CMOSセンサーに取って変わられるようです。

ということで来年は、厚みは変わらずに300万画素の携帯電話が出てきそうです。画質も多少向上すると書いてますが、画質に関しては果たしてどうなることやら。

Samsusng PressRelease

709SC発売日

21 12月 2006 | : 709SC

709SCの発売日が12月29日に決まったようです。

とりあえずは、シルバーとパープル(SCSAF2)のみで、ホワイトとレッドはもう少し先になるようです。 きっちりと12月下旬っていう発売予定を守るとはさすがですね。

705SCのおかしな仕様

19 12月 2006 | : 705SC

705SCのおかしな挙動をいくつか見つけましたので書いておきます。


<ここ一部削除しています。>

キーボードのバックライトをオフにすると、液晶画面のバックライトの明るさが調節できなくなりますってねたでしたが、誤解していました。 F937の機能ってスライドを開けた状態の点灯時間を設定する画面だったんですね。

スライドを閉じた状態では、全く機能しないので、なんなんだろうと思って、書いていましたが私の誤解でしたので削除しました。


できない操作を選ばせるのって、おかしくないですか?

具体的にはアプリを一時停止中にWEBブラウザとメディアプレイヤーを同時に起動しようとしたときにおこります。

アプリ起動中(一時停止中)に、WEBから動画をダウンロード。
「ムービーのダウンロードが終了しました」となって起動か終了を選ぶ画面になります。
そこで起動を選ぶと「これ以上起動できません。」となってしまいます。

起動できないなら、起動を選べないようにするべきじゃないですか?
ユーザに確認させる意味がわかりません。

これに限らず、Samsungの携帯電話は、ユーザに無駄なボタン操作を強要する場面が多すぎるように思います。


アプリ起動で「マナーモード中です。一時解除しますか?」の画面でclearを押しても起動してしまうのはどうなんでしょう。 clearを押したら起動をキャンセルして欲しいです。


翻訳機能、ところどろころおかしくないですか?

「謝罪」ジャンルの中に「お話できて楽しかったです」という例文があるのはどうかと。

<ここ一部削除しています。>

韓国語メール

17 12月 2006 | : SoftBank

705SC・706SC・707SCは韓国語メールが使えますが、妙な制約があったり不思議な状態でした。

それが12月14日から国際SMSの韓国語対応が改善されたようです。

ソフトバンク、国際SMSが韓国・中国の事業者に対応

ニュースリリース PDF式

って事で、MDBブロガーのRickyさんの発案で、Rickyさんの韓国の携帯電話⇔私の705SCで色々メールをやり取りしてみました。とりあえずの感想ですが、かなりまともに使えそうです。
韓国語は全く知らないので、詳しくはRickyさんがまとめてくださると思います。ゆっくり待ちましょう。まとめるのって結構時間がかかる作業ですし。

804SH使った1回目の記事は↓です。
●韓国で国際S!メール&SMSにトライ パート1


どーでもいいあたりまえの話ですが、私が現在使ってる携帯電話は705SCです。2ちゃんねるでの煽りや嘘に対応するのも面倒なのでレスせず放置していますが、本気で嘘を信じている方もいらっしゃるようなので、念のため書いておきます。

709SCの記事へのリンク

15 12月 2006 | : 709SC

ソフトバンク 709scqqの発表記事です。

各ニュースサイトへのリンクを載せておきます。実機の公開はまだしていないようで、プレスリリース以外の写真はほとんど見当たりませんね。

ITmediaの記事

ケータイwatchの記事

ITproの記事

デジタルARENAの記事

ASCII24の記事

Japan internet comの記事

公式プレスリリース(PDF)


気になる発表日ですが、公式発表では「12月下旬以降」です。

私の予想は1月7日(土)です。全く根拠がないのであまり信じないように。早々に12月23日あたりに発売されるかもしれませんし。

1 / 212