livedoorニュースに709SCのレビューが出ています。

3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

気になる点がいくつかあったので筆者のblogに2日前にコメントをしたのですが、コメントを許可してもらえませんでした。

ということで、気になる点を、ここで書いちゃいます。
むやみに批判するのは嫌いですし、筆者様は携帯電話のカメラ機能のレビューは、非常にすばらしいと尊敬しているのですが、どうしてもメールの文字サイズとファインダーの問題は見逃せないので。

200万画素のCMOSカメラなのだが、なにも機能がついていない。

画質やホワイトバランスの設定はあります。普段レビューされている高機能カメラ端末に比べると、確かになにも機能が付いていないと感じられるのでしょう。

いちばんの問題は縦撮りなのに横に保存されることだ。

200万画素で撮影する際、縦にフル画面で表示するのだが、保存される際の両サイドがまったく表示されていないのである。

両サイドは液晶画面で確認することができない

カメラの設定で、「ファインダー」の設定を変更することで表示の仕方を変えられます。「デフォルト状態では」って言葉が省略されているのかな。

しかし、受信したメールを読む際のメールの文字サイズ変更はできない。

S!メールならF6815で設定できます。SMSにいたってはメールを読んでいるときにサイドキーを押すだけで変更できます。

709sc-neon


その他たいしたことではないのですが、

3Gハイスピード対応の端末はX01HTのみで、音声通話端末として初めて3Gハイスピードに対応した端末が709SCである。

X01HTも、音性通話端末ですね。スマートフォンという別ジャンルかもしれませんが。

筆者の住んでいるところは大阪市内で、3Gハイスピードの対応エリアである東京23区と政令指定都市およびそれらの周辺市の一部には、間違いなく含まれるハズだ。もちろんお客さまセンターにも確認してみた。

GIENさんもblogで書いてらっしゃいますが、市内でも3Gハイスピードにあまり対応していないようです。エリアは、「東京23区と政令指定都市およびそれらの周辺市」の「一部」ですから。

ただ、ある地点が3Gハイスピードに対応しているかどうかをお客様センターが教えてくれるというのは、はじめて知りました。

カードスロットが奥まったところにあり、さらに小さいので、爪でmicroSDカードを押さないといけない。爪が短い人はなにか先の細いものを利用して出し入れをした方がようだろう。

私の場合、かなりの深爪をしていますが、それでも爪の背で押せます。個人差があるのでしょう。

これを毎日のようにしていたら、きっと充電端子カバーが取れてしまうのではないかなと心配だ

取れたって報告は聞きませんが、珍しいメーカー製ですし、不安になる構造ですね。 どちらかというとコネクタのほうがやばいようです。

全ての人向けにお勧めするのは厳しいんじゃないか

確かに、お勧めする相手を選ぶ携帯電話と思います。